惣 門

 

木鼻や斗などを用いない簡素な四脚門で、享保十八年(一七三三)に  現在の東逗子駅付近に建立され、第二次大戦を経て昭和五十年に現在地へ移されました。

逗子八景 鐘楼堂

 

切通しの岩上に位置する鐘楼堂は、安政六年(一八五九)に再建されました。当初の梵鐘は第二次大戦で供出され、現在の鐘は昭和二十五年に改鋳されたものです。

楼 門

薬師堂前の楼門は、宝暦十一年(一七六一)に建立されました。

初層・上層ともに桁行三間、梁間二間の三間楼門で、正面に山号の扁額が掲げられています。 

県重文  薬師堂 (本 堂)

文禄三年(一五九四)に建立された山内に現存する最古の建築です。

秘仏本尊の薬師三尊像(市重文)、十二神将像が祀られています。

(三浦薬師霊場 第一番)

地蔵堂 (安産地蔵尊)

 

本尊は、野州延生山の地蔵尊を勧請し、天保十五年(一八四四) 鎌倉仏師 後藤斎宮真慶により造立されました。

 

客 殿 (宝珠殿)

 

現在の客殿は、天保十二年(一八四一)に再建されたもので、本尊の 阿弥陀三尊像、十一面観音像(鎌倉荏柄天神社より伝来)、釋迦如来像等が祀られています。